Victoria Sutton

About me

Professor, lawyer and scientist. I write fiction and nonfiction, including historical fiction typically involving biological or toxicological aspects.

From my website

サプリメントは栄養補助食品

サプリメントは大変人気があるので、販売されている商品数はどんどん増加し、1人で何種類ものサプリメントを飲む人も増えています。サプリメントは分類上は、医薬品ではなく、栄養補助食品に分類されるので、食品ということになりますが、ドラッグストアで売られていることもあり、薬という認識をしている人も多いようです。健康食品として販売されているものもサプリメントの一種ですので、今ではほとんどの人が1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。サプリメントは種類、目的、形状、求める効果もさまざまで、複数の栄養素が1つのサプリメントにまとめられているものもあり、どれを使えば自分のほしい目的にあうのかがわからない方もいます。まずは、どんな栄養素を摂りたいかを決めることがまず大事です。食品の一種ということなので、飲み合わせや副作用を心配する必要は少ないようです。そのサプリメントの主成分が何なのかということによって、期待される効果は大きく違ってきます。たとえば、外食が多い人は、どうしても野菜不足になりがちですので、マルチビタミン系のサプリメントを中心にしましょう。お肌の調子を整えたい、美肌をという人は、コラーゲンやビタミンCを主成分としたサプリメントがよいでしょう。しかし、栄養分=体にいいいうことで、むやみにサプリメントを利用するのは大きな間違いです。栄養というものは、バランスよくとってこそ効果があらわれてきます。サプリメントは、手軽に栄養が取れるという点がいいところです。サプリメントの成分は、あくまで食品という観点なので、「こうなる」という効果が保証されるものではありません。基本的には、食べ物だけでは不足してしまう栄養をサプリメントで補助するというスタンスが適切です。TOPページに戻る

サプリメントとラベルの注意点

サプリメントを買うときには、必ずパッケージのラベルに記載されている原材料を確認するようにしましょう。サプリメントのラベル表示で確認する内容、見てほしいところがあります。まずは、賞味期限で、サプリメントにはかならず賞味期限があり、多くのものは未開封状態で1年です。場合によっては2~3年が賞味期限となっているサプリメントもあります。防腐剤などの保存性を高める物質が使われているサプリメントの場合は、品質保持期限が1年以上であることがあります。生産管理を目的として、商品にロットナンバー、製造番号が表示されているものもあります。会社によって対応は違うのですが、製造番号でひとつづつ管理することで商品の品質をチェックするために役立っています。サプリメントの製造メーカーが、その製品が何月何日に作られたかとか、どこの工場の機械の場所までもが一目でわかるようになっているものです。こういった管理手法は全てのメーカーで実施されているわけではありません。もしも品質管理を大事にしている会社が作ったサプリメントなら、ロット番号が表示されている可能性が高いと考えられます。ラベルで確認できることはほかにもあります。製造元の所在地や連絡先が書かれていることもあり、サプリメントとしてしっかりしているかも推測できます。現在、いろいろな会社からいろいろな種類のサプリメントが販売されており、どれがよいのかわかりにくい状態ですので、せめてラベルから情報をいかに読み取るかということも重要です。サプリメントは体の中に取り入れるものですから、ラベルの内容をしっかり読み取って、納得のいくものを探しましょう。TOPページに戻る

 
Share this member